むくみと塩の摂り過ぎに関して

むくみは女性に起き易い事象の一つだ。血まん中の水分がカラダ又は体の一種にとどまってしまい起こります。むくみが起きている時は血行がひどくリンパ液も滞っているのでライフを見直すことが大事になってきます。ファクターには塩気やサッカリドの取りすぎ、行為欠如、冷え、ヤキモキ、寝不足、栄養素の歪みなどがあります。特に生理の前には水分をため込む結果むくみ易くなります。塩気の取りすぎることによってもむくみは起こります。塩気の成分ですナトリウムは水を引き込む習性があり過剰に奪うと体液が増えて、血管が押し広げられ血圧が上がります。血圧が上がると毛細血管から水分が出てくるのでむくみが生じます。ナトリウム自体は少しずつ体の外に出ていきますが通常の状態になるには早くても毎日、遅ければ3日ほどほどかかってしまいます。塩気の取りすぎによるむくみの目論みとしてはラーメンのつゆを呑み干さない、減塩気のみそやしょうゆによる、塩辛いものを食べすぎないといったことがあげられます。減塩気の雑貨は数多く出ており価格も厳しくありませんし味わいも通常のものって変わりはありません。塩気が意外に含まれているものとして漬物やかまぼこなどの練り物、ハムやベーコンがあります。めしの際には数多く食べないように気を付けましょう。なお利尿表現のあるものを食べても効果があります。利尿表現のある食べ物はスイカ、きゅうりなどのうり科の野菜、アボカド、納豆、キノコみたいがあります。柑橘系の果実は血やリンパ液の流れを良くするので組み合わせて食べると一層むくみを解消することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする