自由にドレスアップを楽しむ?それとも時世相応のオシャレにする?

30年齢のバースデイを迎えた途端に自分のお洒落において考えるようになった。それまでは強く考えることなく着たい服を着て、目指すお洒落を楽しんでいたけど、何故か急に「30代っていかなる衣類すれば嬉しいんだろう」「そばから見て浮いてないかな?」「あんまり華やかすぎず、地味すぎずがいいのかな」「からきし皮膚は出さない方がいいのかな」など髪形、メイク、靴、自分が身に付けるカタチすべての物を一つ一つ練り上げるようになった。気付くと、カジュアルな衣類が目立ちお洒落から離れつつあったあんな我々を見て周りから提案が。「低下5年齢のお洒落した方が宜しい!」という。30代だから、削るのではなく30代だからこそ大人のお洒落を楽しむべきだと。その方が幼く感じるし、またお洒落が喜べるよ、という提案でした。30代というのを念頭に置いてしまうと、自分の好きなお洒落をしていると言うによってなにかを我慢しているので自分らしさが薄れて女子力も低下して仕舞う。なので、我々はさりげないお洒落を楽しむようにした。生足は自信がないけど、スカートの身の丈を膝身の丈としてヒールを履く。ブリーフフォームもロールアップして足首は描き出す。メイクは普通に最低限に、色付きリップで腹いっぱい。年には逆らえないけれど、過去にこだわらず只今を極めて楽しんだ方がいい!自分らしさを大切に、30代を楽しみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする