時短にはべったり!気になるクッションファンデ

近年雑誌や店舗で見ることも多くなった「バッファファンデーション」いわゆる「クッションファンデ」。韓国コスメを筆頭にじりじり信望が高まっていて、主流に敏感な初々しいクラスは勿論、メークを手早く簡単に済ませたい成人クラスの女性からも高い支持を集めているようです。ファンデーションというとリキッドかパウダーが思い浮かぶほうが多いと思うのですが、パウダーは持ち歩き易くてはめ込み修正もし易い反面、粉っぽさがなんだか出てしまうので乾きに弱いですし、リキッドはツヤっぽく成し遂げる一方でテカリやべた付きが思いになったり、綺麗に塗り付けるのが難しかったりするんですよね。本当はそのリキッドといったパウダーの良い面をお互い兼ね備えているのがクッションファンデの厚意のようです。専用のパフが付いていてコンパクトに入っているので、携行がしやすいですし、パフでフェイスパウダーを塗りつけるときのようにポンポン表皮に乗せて行くだけなので、組み込み修正も明確。それでいて、テクスチャーはリキッドやクリームもののので、乾きを防いでうるおい感のある仕上がりを叶えてくれます。マットな感触に仕上がる産物も多いですが、べたつきやテカリが気になる時はフェイスパウダーを重ねれば完璧ですね。そうしたらどうしてもクッションファンデの一番の魅力は一段で綺麗に成し遂げる点。土台を使わなくても1つで初めメークをエンディングとれる産物が多く、お忙しい昼前のメークや、ちょっと近所に立ち寄るときのメークにもってこい。価格も有名なコスメブランドの物からプチプラブランドまで幅広く展開されてきているので、手軽に支払えるし、継続して活かしやすそうで気になるところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする